円林歯科医院(広島市安佐南区)

広島市安佐南区の歯医者「円林歯科医院」のお知らせブログです。

お知らせ

8020運動

2017.03.01 Wednesday13:23
8020運動とは、平成元年より厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運度です。
平成23年歯科疾患実態調査によると8020達成者は38.3%で平成17年に比べて24.1%増加でした。
80歳以上の人口は1000万を超えており、実に3人に1人が達成されています。
歯周病はその初期症状が無いことが特徴です。ぜひ定期検診をおすすめします。
健康長寿は健口長寿から!
| 院長の一言 | ↑ページトップへ | 無料相談 | 編集

口腔乾燥症(ドライマウス)

2016.10.31 Monday12:46

口腔乾燥症(ドライマウス)

 

年末に近づき寒さが増してきました。

 

空気も乾燥しつつあります。

 

口腔内はいかがですか?

口腔内が乾燥する原因は色々ありますが、口腔粘膜が保湿されると自浄作用が高まり、唾液分泌への刺激も期待できます。口腔ケアだけでなく、義歯調整なども合わせて行うと効果的です。
 

気になる症状があれば1度クリニックへ足を運んでみられてください。

 

 

 

 

| 院長の一言 | ↑ページトップへ | 無料相談 | 編集

歯周病と認知症

2016.06.14 Tuesday12:18

歯周病と認知症

 

厚生労働省研究班によれば、65歳以上の高齢者の認知症は予備軍を合わせると800万人以上に上ります。

これは65歳以上の高齢者の4人に1人がすでに認知症か、その予備軍だという計算になります。
認知症とお口の中には密接な関係があります。
認知症の正体は「脳の炎症」その炎症も「慢性の長く続く小さな炎症」の影響が多く、その代表例が「歯周病」と言われています。
かかりつけの歯科医院のない人は定期検診を受けている人と比べて平均1.44倍認知症になり易い傾向がありました
噛めないということは、それだけで脳への刺激が減り認知症になりやすくなりますし、食事内容が制限されることで栄養不足になり、それも認知機能の低下に拍車をかけるのです。


定期検診を受けて自分の歯の状態を良くするコツをつかみ、不本意ながら歯を失った時は放置せず、良くあった義歯を入れるなどして補っておくことが必要になります。
(Yahooより抜粋)

| 院長の一言 | ↑ページトップへ | 無料相談 | 編集

梅雨?

2016.05.30 Monday12:19
梅雨の時期が近づいてきました。
外出には不向きな季節ですが、暑い夏がやって来る前に口腔内のメインテナンスにいらしてみてはいかがでしょうか?


| 院長の一言 | ↑ページトップへ | 無料相談 | 編集

医療法人社団  円林歯科医院
〒731-0143 広島市安佐南区長楽寺1丁目8-11-1F
TEL 082-872-0033  FAX 082-872-0022